新築内祝いのマナーを知ろう|喜んでもらうためには

新築祝いのお返しを考えよう

人気のギフトと選び方

一軒家

新築祝いを頂いたら、新築内祝いとして返礼品を贈るのがマナーです。その際にギフトとして特に人気なのが、カタログギフトです。それというのも、カタログギフトは贈られた相手が自由に品物を選べるため、「相手が喜んでくれるギフト」を確実に贈りやすいというメリットがあるからです。そのため、新築内祝いに限らず、その他の内祝いや結婚式の引き出物として一番使われるのも、カタログギフトなのです。また、カタログギフトは値段設定もキリのいい価格で揃えられているため、いただいた金額に合わせたお返しがしやすいのも、人気の理由の一つです。そしてその他には、コーヒーのセットやジャムやパスタの詰め合わせなど、常温保存が可能で賞味期限が長い食料品も人気です。あるいは、タオルなどどこの家庭でも使う定番品、そして有名パティスリーの焼き菓子など「自分では取り寄せてまで買わないがもらうと嬉しい物」も良く選ばれています。また、特に親しい親戚や友人など、相手の好みや家族構成が良く分かっている場合には、より個人に合わせた新築内祝いを選ぶのも人気です。例えば小さな子のいる家庭にはキャラクターの絵柄入りのお菓子をチョイスしたり、お酒好きの人にはちょっと珍しい日本酒を贈ってみたりといった具合です。このように、現在はインターネットや通販の選択肢も増え、よりこだわったギフト選びができるため、新築内祝いも「相手がより喜んでくれるもの」を考えて選ぶのが主流になっていると言えます。

両親や兄弟姉妹に渡す

ウーマン

新築内祝いは知り合いだけにするものではありません。身内にも渡す必要があります。たとえば、両親や兄弟姉妹から新居を購入してお祝いをもらったときには必ず新築内祝いをすることです。しかしながら、近しい関係だからこそ何を贈ればいいのか迷ってしまいます。両親や兄弟姉妹に新築内祝いを贈るときに知っておくべきことの1つは相場料金です。一般的には、貰った新築祝いの半額程度になります。ただし、両親に贈る場合にはこれまで育ててくれた感謝の気持ちも込めて、数万円の新築内祝いを贈ることも珍しいことではありません。また、兄弟姉妹に対してはあまり高いものは好まれません。気を遣わせてしまうので価格調整をするのがマナーです。また、知っておくべきことのもう1つは、新築内祝いとして渡す品物です。両親や兄弟姉妹には、場合によっては現金や金券を贈ることもあります。身内以外ではなかなか現金関係のものは渡しにくいため、何を贈るか困ってしまうものですが、身内には失礼な行動にはなりません。特に抵抗を感じない人は現金で済ませましょう。現金関係以外ではカタログギフトも喜ばれるものです。自分で品物を選ぶことができるので、相手が本当に必要なものを手にすることができておすすめです。ちなみに、新築内祝いを渡すタイミングとしては、新居のお披露目会のときがベストです。新居にお越し頂けなかった方へは、1ヶ月以内にお返しするのが原則なので、遅れることないようになるべく早くに渡しましょう。

ギフトを扱う通販ショップ

男女

各種ギフトは、通販ショップを利用して購入すると非常にスマートです。ギフトの専門ショップや大手百貨店では、オンラインで各種ギフト用品を販売しています。新築内祝いにピッタリの品も多数紹介されていますので、満足のいくセレクトをすることが出来ます。現在やり取りされている新築内祝い品は、品物の種類が多様です。伝統的なしきたりに則った食器類はもちろん、スイーツやドリンクなどの食品も広く用いられます。オンラインショップでは、これらの品を細かいカテゴリーに分けて紹介を行います。予算に合わせて商品の検索が可能で、一定の金額の中で最良の品を用意出来るシステムです。専門ショップや大手百貨店が取り扱う新築内祝い品は、有名メーカーの製品が多いことから、グレードの点でも申し分のない贈り物です。オンラインショップによっては、購入時にポイントが溜まるサービスがあります。購入金額に応じて、一定の額が還元されることになり、購入者も同時にメリットが得られるのが1つの特徴です。新築内祝いの売れ筋情報なども紹介されていることがあるため、外れのないセレクトをして購入手続きが進められます。贈る相手に合わせて、新築内祝いの品物を変えるのも1つのやり方です。オンラインショップでは、このようなケースを想定して、状況別の好適品を紹介します。親族や友人、職場の同僚ではそれぞれ最適な品が変わることがあり、好適品の1例からは品物選びに役立つヒントが得られます。