新築内祝いのマナーを知ろう|喜んでもらうためには

贈るものに気を配ろう

タイミングも重要

一軒家

新しく家を建てると、新築祝いを頂くことがあると思います。他の内祝いと同じく、新築祝いを頂いた際も新築内祝いをお返しするのが常識とされています。新築内祝いでお返しする際贈るものを吟味する事が必要です。以前はゲンを担ぐことが多かったため、家を焼かないという事にかけてやかんを贈ったりする事がスタンダードでした。しかし最近ではそのような習慣は薄れつつあり、お菓子やコーヒー、タオルなど使いやすいものが多く選ばれています。他の内祝いでもよく使用されるカタログギフトも喜ばれるもののひとつですので、新築内祝いには最適の品と言えます。また新築内祝いを渡すタイミングですが、早すぎても遅すぎてもあまりよくありません。目安として新築祝いを頂いてから、1ヶ月〜1ヶ月半程度が最適なタイミングと言えるでしょう。お返しをする際の金額ですが、これも他の内祝いとほぼ相場は同じで頂いた金額の半分〜3分の1程度が最適の金額です。また、新築のお披露目会をする際は、開催する時間にも気を配りましょう。地域によって習慣が事なる場合がありますが、一般的には昼間に軽く行います。ですので準備するものも食事というよりはサンドイッチなどの軽食やお菓子といったものが最適です。お披露目会をした場合は簡単なお土産を渡すのが常識です。この場合はあまり高価なものでなく、金額的には1000円程度のお菓子等を贈ります。家を新しく建てた際にはご近所さんへのあいさつも忘れないようにしましょう。

相手に選んでもらえます

ファミリー

マイホームが完成した時にお祝いを受け取ることがあります。そのようなときにお祝いのお礼と日頃の感謝を込めて用意するのが新築内祝いです。この新築内祝いに何を贈るかはセンスが問われるところです。食器やタオルなど暮らしの中で使える品を贈るのも素敵ですが、せっかくならば非日常的な気分を味わえる品物を新築内祝いとして選んでみましょう。しかしいくら素敵なものとはいえ相手の家族構成や趣味を無視するのは考え物です。せっかくの御礼も相手の方に喜んでもらえなければ意味が半減してしまいます。そこでおすすめなのがグルメカタログです。グルメカタログであれば相手の方がどのような家族構成でも大丈夫です。最近のグルメカタログは交換できる商品も充実しているので、高齢者夫妻から子供がいるファミリー世帯まで幅広い方に喜んでもらえます。たとえば高級スウィーツや地酒をはじめ日常ではめったに口にしない高級食材など、非日常を楽しめる幅広い商品がラインアップされているのでそれぞれの方の趣味嗜好に合ったものを自由に選んでもらうことができます。またグルメカタログの最大の長所は相手の方が欲しいときに使える点です。食べ物を新築内祝いで贈る場合は賞味期限などが気になりますが、グルメカタログであれば賞味期限なども気にせず気軽に贈ることができます。新築内祝いを贈る際は以上のように相手の立場に立って贈るものを選ぶと失敗することなく喜んでもらうことができます。

定番の品や価格相場

贈り物

新築内祝いとは、新居を建てた喜びを周囲の人々と共有するために贈るギフトです。皆で完成を喜び、お祝いをすることで、新居でのより良いスタートを切ることが可能となるのです。新築内祝いのギフトには、新居つまり人が入る場所が完成したということで、食べ物を入れる食器や鍋などがよく選ばれています。食器も鍋も、器という意味では住居と同じなので、新築内祝いに適しているのです。特に金属製の食器や鍋は、割れにくく火にも強いことから人気があります。これを新築内祝いとして贈ることは、新居を台風や火災などから守る願掛けにもなると考えられているのです。また紅白の饅頭や餅なども、縁起が良いことから新築内祝いのギフトの定番とされています。さらに近年では、手軽に用意できる洋菓子や和菓子の詰め合わせも、ギフトとして選ばれるようになっています。中には、様々な商品が掲載されているカタログギフトを贈る人もいます。受け取った人はその中から、自分の好みに合うものや生活に必要なものなどを自由に選ぶことができます。その分各自に満足してもらえる可能性が高いため、カタログギフトを新築内祝いとする人は増えています。いずれも、価格は3千〜5千円ほどが相場となっています。これは新築内祝いが、新築祝いのお返しとして渡されることが多いからです。新築祝いの相場が5千〜1万円なので、お返しのマナーとして、その半額程度の価格の品が選ばれているわけです。もちろん相場よりも多めの額の新築祝いを受け取った場合は、それに合わせた新築内祝いを選ぶことが大事です。