新築内祝いのマナーを知ろう|喜んでもらうためには

喜ばれるお礼の品とは

お礼の品の選び方について

ファミリー

新築内祝いとは新築に引越した際に、お祝いを頂いた方へのお礼のことで、転居してから1〜2ヵ月以内にお返しするのが一般的となっています。新築内祝いを送る前に頂いたら当日もしくは翌日までにお礼状や電話はするとよいです。新築内祝いの贈り物は色々昔ながらの決まりや縁起の良い贈り物がありますが、最近はカタログギフトを選ぶ人が増えているようです。なお、昔ながらの新築内祝いの贈り物は、建物は入れ物という意味でグラスやカップ、家を焼かないという意味でやかん、火に強いという意味で鍋などがあるそうです。その一方、新築内祝いに関わらず、カタログギフトだと貰った人が好きな物を選べるということで喜ばれるでしょう。また送る側も、お祝い頂いた金額や関係性によって選ぶ手間が減って非常に良い贈り物です。カタログギフトも種類も内容も非常に充実しているものも増えてきています。ちょっと良いお取り寄せの食べ物やお菓子、食器類、衣類など多岐に渡るので貰った側も楽しく選ぶことができます。また新築内祝いはもちろん、何かをお渡しする際にカタログギフトを使われることが増えているように感じます。その他でいうと、商品券もかなり人気があります。商品券も百貨店の商品券や商品カード、図書カードはもちろん最近増えてきたのがギフト券や電子マネーギフトも流行っています。昔ながらのお決まりの贈り物から好きなものを選べるという品物に変わりつつあるようですが、相手のことを思って選んだ物なら喜ばれると思います。

どのようなものを贈るか

一軒家

新築祝いをもらった場合、どのような新築内祝いを渡せばいいのか迷ってしまう方は多いでしょう。一番良い方法は自宅に呼んで、お披露目をすることです。しかし住んでいる地域が遠かったり、家の中が引っ越しの影響で片付いていないということもあります。その場合はお返しをすることは難しくなります。お返しをする時には、新築祝いを貰ってから一ヶ月以内に新築内祝いを贈ることが一般的です。新築内祝いの商品はカタログギフトや予算に応じたアイテムが販売されています。相手が貰って嬉しいものを贈ることが基本です。カタログギフトの場合は、様々な商品の中からほしいものを選ぶ事ができます。これは貰った側も嬉しい商品です。それ以外にはリンゴジュースのセットや洗剤の詰め合わせ、調理器具のセットなどもあります。相手の様子に合わせて選ぶことも大切です。何があるかわからない場合は、専門の業者のホームページを見ればランキング形式で紹介されています。その上位に位置している商品を選んでおけば確実です。実際のところは日常的に使うことになる石鹸や洗剤、タオルなどを選んでおくと喜ばれることが多いです。何かを貰ったらお返しをすることは人間関係を円滑にする効果もあります。日本人はそのような作法を大切にしてきました。新築内祝いを贈ることで新たな生活も明るいスタートをきることが出来ます。また手渡しで内祝いを渡せる場合は、できるだけ会ってから渡した方が丁寧だと言われています。

お贈りするものアイディア

ギフト

一戸建ての住宅を建てたり、新築マンションを購入すると様々な方から新築祝いを頂く機会がありますね。その新築内祝いとしてどんなものを選ぶといいのでしょうか。相手に失礼のない対応をしたいものです。一般的に新築内祝いは、マイホームへ招待しおもてなしすることが多いです。手作り料理でおもてなししたり、お寿司などをたのんで振舞ったりします。しかし、なかなか全ての人をお招きすことはできません。時間的に難しい方、遠方に住んでいる方などを無理に誘うのも良くありません。そういう場合は、やはり新築内祝いを贈ってお返しをします。熨斗には、「新築内祝い」と書き、お礼状をつけるとより喜ばれます。内祝いの相場は、頂いた金額の3割から5割が多いようです。友人への新築祝いの相場が5000円ほどですから、1500円から2500円くらいということになります。仕事関係の人の場合は、半返ししていれば安心です。お住まいの地域によっても違いがあるようなので、同じ地域の詳しい方に聞いておくと良いかもしれません。お返しの時期は、新築祝いを頂いてからなるべく早く。できれば2週間以内で、おそくとも一ヶ月以内に返しましょう。新築内祝いの品ですが、お友達なら予算内でその方が喜ぶものを選ぶと良いです。好みのものがわからない親戚や、知人への内祝いなら、定番のタオルセットやコーヒーやお茶などのセット。食べ物なら、賞味期限の長いものを選びましょう。また、カタログギフトも喜ばれます。新築祝いを頂いたことへの感謝の気持ちをこめてお返しをすることが大切です。